まっしろおもい

まっしろな気持ちで、色々とつづっていきます。内容はまっくろなものも。。。

ある日二重になった話

この記事をシェアする

どうもー!

ましろさんです。

 

 

 

ましろさん、今は奥二重みたいな二重みたいな感じでしたが、実はぽったり一重としてこの世に産まれて参りました。

 

 

 

 

 

いつどうやって、奥二重までなんとかこぎつけたのか、お話しします。

 

 

 

 

 

 

自分かわいい時代

 

一重時代は、赤ちゃんから社会人になるまで続きます。

 

 

小さい頃って、なんか自分を過信するというか、親には「かわいいかわいい〜」で育てられる訳ですから、(後にブサイクとしか言われなくなる…)勘違いしちゃうわけです。

 

 

 

自分ってかわいい〜って思って小学校とかに入ると、あれ?おかしいぞ?自分よりかわいい人いるぞ!みたいな(笑)

 

 

 

小学校時代はまだおかしいぞ?で、ごまかしながら過ごしてました。

 

 

コンプレックスになった目

けど、中学くらいからかな?

女の子も色々美容とか見た目に気をつけるようになって、私の世代はストレートパーマとか縮毛矯正が流行ってて、みんなまっすぐな髪で、眉毛は薄め。

 

けど、私はあまりお金のある家庭じゃなかったし、1000円くらいのヘアアイロンをなんとか買ってもらえたけど、そんなんじゃましろさんのくせ毛が落ち着いてくれる訳もなく。

 

 

そうして、見た目に自信がなくなり、精神的にも暗い子に(笑)

 

これはまた詳しく話しますね!

 

 

私は自由だー!!!!!!

そうして高校生になり、高校はいい友達に恵まれて楽しく過ごせたんですが、目のコンプレックスはずっしりと心に抱えたままでした。

 

そして高校卒業後就職をして、自分のお金で自分のものを買う。

という単純な社会のめぐリズムに感動するわけです。

 

 

働いた対価を貰い、そのお金で買いたいものを買う。(もしくは貯金する。)

 

 

 

 

 

なんて自由なんだー!!!!

 

と、開放感に満ち溢れ、色々爆買いをしてしまうのでありました。

 

 

そこで、出会ったのが友達と興味本位ではじめたまつげパーマでした。

 

 

 

あゝまつげパーマ様

 

今まで、自分のために投資する。

みたいなことをしてこなかったんですが、ここにきて、自分に投資する幸せを知ります。

 

 

そこで、友達2人と一緒に通いはじめたまつげパーマがましろ目史上最大の転機が訪れます。

 

 

 

通いはじめて何回かしてもらった時に

 

あれ?左目、二重じゃない!?

 

 

と気づくわけです。

 

 

またパーマがとれては、一重に戻りを繰り返していたんですが、ある日一重に戻らなくなるように!!!

 

 

 

 

わひゃー!!!!!!!!!!

一石二鳥じゃ一石二鳥じゃ。

と、お祭り状態でした。

 

 

 

 

 

しかし。。。。

 

 

片目だけやないかーい!!!!

 

そう、奥二重になったのは右目だけだったのです。

もちろんバランスが悪く、試行錯誤頑張ることに…

 

 

アイプチとかをして、バレるのが嫌だったので、二重テープを寝てる間だけは貼って、朝に剥がすという習慣をつけることに。

 

 

スキンケアした後はお肌がにゅるにゅるなので、瞼だけティッシュですこし油分を拭き取り、つけるようにしていました。

 

 

試行錯誤の末

 

ある程度繰り返していたら、なんと両目が奥二重になりまして…

感動でしたね…

 

はじめは1日だけやめてみたり…とか少しずつ様子を見ながら続けていました。

 

いまでは、アイテープをしなくても奥二重になるようになりました。

とはいっても、今でも思う存分に寝たときに、片目だけ一気に一重に戻ります。

 

戻ると悲しくて、アイテープして。

という感じです。

 

 

個人的にこの方法が有効的なのは、眠たくなった時とかに二重になる傾向の方かなと思います。

 

 

けど、やって損はないとおもうので、良かったらやってみてくださいね!

 

 

わたしはこの一重コンプレックスを少し乗り越えることができて、前まで見れなかった人の目をみることができるようになりました。

 

自信がないから、人と目も合わせられない。そんな気持ちで生きてきた自分にとってそれは、自分自身の自由への大きな第一歩だったな〜と思います。

 

 

だからわたしは誇らしい出来事だと思っていて、この話を友達にもよくはなします。

 

シンプルだけど、コンプレックスをなくすことで自信につながること。

それを身をもって体験したお話でした。

 

 

いつ戻っちゃうかとヒヤヒヤした日々を過ごしております。